開発という仕事が大変と言われる理由

今日は、開発という仕事が大変だと言われる理由と、実際のところどうなのかというところをお話しします。 採用活動や学生さんと出会う仲でもよく聞かれるのが、開発マン=大変そうといったイメージと、実態の疑問です。 ということで、日本にいる1週間と海外にいる1週間がどういった感じがご紹介します。

ベトナム100円詐欺師VS開発マン 無事にやり過ごす方法はこれ

日本のお金見たことないんだ。1USDは日本円でいくらくらいなの? ここで話題がお金へと移る。 そう、これこそ100円詐欺と言われる所以なのだが、当時は何も思わなかった。 私「大体、100円くらいですよ」 百円詐欺師「それって、コインですか?見せてもらえませんか?」 ことば巧みに、財布を出させようとしてくる。 ここで、不穏な空気を感じた。

ベトナムで下痢にならない方法と、なってしまった時の対処法。初めての人は、ほぼ、なります。

下痢、食あたり、水当りに悩まされる日本人の方もよく目にします。 今でこそ全く大丈夫ですが、もともと胃腸が弱いので行き始めた頃は、ホント苦しみました。 と言いますか、それこそこの世の終わりを何度も見て来ました。笑 度重なる腹痛と水当りを経験したからこそわかった、胃腸が超絶弱い筆者が語る、 ”ベトナムで下痢にならない方法と、なってしまった時の対処法”を今回はご紹介します。 はじめに断っておきますが、初めての人は、ほぼ、なります。笑

ベトナムハノイツアーはローカルがオススメ。世界遺産が3千円でいける!?

日系の航空会社も沢山ありますが、安く行くなら断然ローカルの格安ツアーがオススメです。 今月もハノイ発のホアルータムコック世界遺産ツアーに行ってきました。 ツアー前日にローカルのツアー会社を尋ね10分ほどで予約が完了。 翌朝にはホテルフロントまで迎えが来て、現地まではバスで移動。 食事を楽しみ、ベトナム最初の王朝であ

飛行機が大遅延!飛び込みでVIPラウンジに有料で入った方法と空港での過ごし方

国際線に搭乗する場合、基本的にフライト予定時刻の2〜3時間前に空港に行くことになっています。今回はベトナムのナイトマーケットを楽しんでいた関係でフライト時刻の1.5時間前に空港に到着しました。 基本的に、国際線のチェックインはフライト予定時刻の2時間前からカウンターがオープンすることが多いです。

ベトナムSIMカードは空港で買うのがオススメ、ただし注意点も!

ここ半年間は中国が多く久しぶりにベトナムに来ているのですが、なんとSIMカードが使えない!! 日本でいうドコモショップのようなところでパスポートを登録し、契約(購入)したいつものMOBIPHONEがなんと使えない・・・。 一応、BMIUという1週間7万VNDのプランは継続していたのですが、チャージ残高がなくなり、有効期限終了のお知らせ。 この状態になると、データ通信が出来ないだけではなく、電話番号も失います。 今回の場合は、ベトナムにおいて携帯電話の番号整理が行われた都合もあるので詳細は分かりませんが。 ということで、仕方なく新しいSIMカードを購入しました。 今回は滞在期間が少ないので、通常の購入(契約)方法と比べると割高ですが、そのぶん、誰でも買える手軽なパターンなので、紹介させていただきます。

開発担当者の担当案件数は100以上。でも工程表があれば何とかなる!

最近は海外出張・旅行時の話が多かったのですが今日は開発マンの担当案件について。 皆さんの想像ではいくつくらいでしょうか 1アイテム、5アイテム、10アイテム、30アイテム、50アイテム。 業種にもよると思いますが、筆者の場合の話をさせて頂きます。開発案件は多岐にわたる まず、開発案件は間違いなく多岐に渡ります。

海外出張・旅行にオススメなスマホはiPhoneSE。その理由は?

海外出張・旅行へよく行かせて頂く筆者ですがメインのスマホはiPhoneSEを愛用し続けています。その前はiPhone5S メインはiPhoneSEでサブがZenFone MaxとiPad mini4となっています。 今までのiPhoneの歴史の中でSEよりも大きなサイズのスマホも出ていますが海外出張、旅行によくいく筆者にとってはiPhoneSEが最善の選択となっています。 ちょうど、iPhoneSE2も噂されていたので、なぜ今だにSEを続けているのかご紹介します。

スポンサーリンク
広告




広告