コーナンコンパクトBBQコンロは2人用焚き火台にもなる!

焚き火台、コンパクト、2人用、A4、軽量、安い。 最近、呪文のように調べ続けています。 というのも先日、極寒の中ですが海辺のキャンプ場に行き、高級和牛ステーキを炭火で焼き食すという贅沢な体験をしてきたのですが焚き火が楽しすぎた!

格安高性能ジンバル買うならZhiyun Smooth-q/4が一番な理由

ガジェット好きの筆者ですが、日ごろ製品を開発しているからかブランドよりも使用されている部品、製造品質、製品スペック詳細などがついつい気になってしまいます。 Goproなどの有名どころもありますが、やはり無名ながら頑張っているメーカーを応援したいもの。Zhiyun(ジーユン)は間違いなく世界におけるジンバルのトップメーカーです。

カンボジア、プノンペンのJET’Sコンテナマーケットがアツい!!

東南アジアには有名なマーケットがいくつかあります。 人件費が安いからこそ、手の込んだお土産や服など含めて楽しいローカルマーケット。 そんな数あるマーケットの中でも最近アツいのがカンボジアは首都プノンペンにあるJTESコンテナマーケットです。

150cmより大きいカビゴンぬいぐるみを作ってみたら材料費で○万円オーバーに・・・・

150cmより大きいカビゴンぬいぐるみを作ってみた。 いつもは仕事に追われていますが、仕事柄縫製工場に出入りしたり大量の不織布を見たり、ミシンを作ったり。そうこうしてるとクリスマスが近づき”大きなぬいぐるみが欲しい”と言われたので作って見ました。 その前に、買うといくらか調べると、バンダイさんが150cmのカビゴンを約5マン円で販売しています。

NO IMAGE

車検当日の日曜日!コバック、スーパークイックに落ちた

仕事に追われベトナム、韓国、中国を行ったり来たり。 気づけば車検切れまであと3日。 つまり、今日明日中に車検を遠せなければ出張にすらいけない! 急遽、コバックのスーパークイックを受けに行きました。 ググると、何と1時間で車検が通せると!言うことで、車検切れ3日前に急いで車検を通しに行った話を今日はご紹介します

TEC.BEANの小さ過ぎるマイク音量を改造で改善

今回で3回目となる格安アクションカムシリーズ。 1回目は手ぶれ補正の仕組み。2回目は手ぶれ補正の詳細を踏まえた上でもっともバランスの良いアクションカム。 そして今回の3回目は、バランスが良くて最高だが唯一惜しい音声の部分を改善する方法をご紹介します。 基本的にマイクの音声が小さいので、これを本体の構造的にカスタムしていきます。

格安で手ぶれ補正付きを買うなら格安アクションカムTEC.BEANがおすすめな理由

光学式手ブレ補正、電子式手ブレ補正、光学式的手ブレ補正。 あとは3軸ジャイロ、5軸ジャイロ、6軸ジャイロ補正。 格安アクションカムでは補正処理の重さを考えると5軸ジャイロ搭載の光学式的手ブレ補正(電子式)が最もバランスが良い。 部品、チップ、形状から検討しベストバイと思われるタクビーンを購入し、ハノイ近郊にて試してみました。 実際に使ってみて分かった良かったこと。 実際に使ってみて分かった悪かったこと。 手作業で改良した点と、その結果。

ホアルータムコックツアーは10月がオススメ!2ヶ月連続で行って分かったこと。

ホアルータムコックツアーは10月がオススメ!2ヶ月連続で行って分かったこと。ベトナム、陸の世界遺産ことタムコック。1Dayツアーでホアルーとセットで回ることも多いのですが、今回10月11月と2ヶ月連続で行って来ました。 もちろん、ツアー申し込みは安くて快適、いつものThe sinh turistにて。 ただ、結論から言うと、行くなら絶対10月がオススメです。

格安アクションカム手ぶれ補正の仕組みとお勧めはこれ

格安アクションカメラも確信的に機能が向上しており、本家GoProに追い付け追い越せ状態です。 画質といえば一眼レフやコンデジの方が遥かに良い。 そんな中、アクションカムが一つのカテゴリーとして確立され、 その選ばれる特徴の一つが手ぶれ補正です。 歩きながらやアクション中の動画もぬるぬるというかふわふわというか あのカクカクして酔いそうな揺れを低減してくれるものです。 本格的な手ぶれ補正はジンバルやスタビライザーに軍配が上がりますが ここ最近はアクションカムでもしっかりと機能する手振れ補正が出てきました。

開発マンにとって大切なことは”遊ぶこと”と”コミュニケーション力”

商品開発をするために、続けるために大切なこと。 もちろんスキルであったり、コミュニケーション能力であったり。 大切なことは沢山あります。 ただ、新商品開発を続けるために大切なことはたった一つ。 楽しむということ。 結局のところ、楽しむことが出来なければ新商品開発という強烈なプレッシャーに押しつぶされるからです。

スポンサーリンク
広告




広告